新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国

地域別の配送所要日数の短縮

通常、出品者が利用する倉庫の近隣の購入者への地域別の商品お届け日は、国内配送よりも速くなります。地域別の配送所要日数の短縮機能を使用すると、国内の通常配送の注文において、近隣の購入者への配送所要日数を短縮できます。配送パターンでは、主な出荷元住所と同じ地域の購入者に対する配送所要日数を短縮できます。 配送パターンで定義された設定は購入者に表示されるお届け予定日に影響するため、デフォルトの発送元を正しく設定しているかご確認ください。

注: 配送所要日数の短縮オプションは、国内の出品者出荷(プライム以外)の通常配送設定に限定されています。 海外配送パターンには適用されません。

配送パターンで配送所要日数を短く設定する

配送所要日数を短く設定する方法:

  1. セラーセントラルの右上にある設定ドロップダウンメニューで、配送設定をクリックします。
  2. 配送パターンタブでは、以下のいずれかの操作が可能です。
    • 新しい配送パターンを作成する新しい配送パターンを作成をクリックし、配送パターン名(「出品者出荷」など)を入力し、配送料設定で個数重量制または購入金額制のいずれかを選択します。
    • 既存の出品者出荷の配送パターンを改良する: 既存のプライム対象外の配送パターンを選択し、画面右側にある配送パターンを編集をクリックします。
    注: 国内の通常配送セクションには、主な出荷元住所と同じ地域に対して配送所要日数の短縮( 1~2営業日 )が設定された配送ルールが表示されます。既存の配送パターンを編集する場合、この地域の元の配送料はそのまま維持されます。
  3. 配送設定(配送料など)を編集して確認し、保存をクリックします。
    注: 配送パターンを保存する前に、近隣の購入者への実際の配送所要日数が、推奨されるより短い配送所要日数よりも長くなる場合、より遅いオプション( 2~3営業日など)を選択して配送所要日数を更新できます。

地域別の配送所要日数の短縮に関するよくある質問

地域別の配送所要日数短縮機能のメリットは何ですか?

購入者は、お届け予定日がより早い商品を購入する傾向にあります。配送パターンで地域別の配送所要日数の短縮設定をすると、メイン倉庫から近隣の購入者への配送所要日数が短縮され、全国配送よりも早いお届け予定日を提示できます。

より早い配送オプションを提示できるのは、メイン倉庫の近隣の購入者のみですので、お届け予定日を守れないリスクを最小限に抑えることもできます。購入者に、より短い配送所要日数を提示できない場合は、新しい配送ルールの配送所要日数を変更できます。

複数の倉庫から出荷している場合、異なる地域の購入者に対して、地域別の配送所要日数の短縮を設定することはできますか?

現在、この機能の設定は、デフォルトの配送倉庫がある地域の購入者のみを対象にサポートしています。

主な出荷元住所を編集するにはどうすればよいですか?

主な出荷元住所は、以下の手順で編集できます。

  1. 設定>配送設定>一般設定の順にクリックします
  2. 主な出荷元住所セクションの右上にある編集をクリックします
  3. 主な出荷元住所として設定する住所を選択するか、住所を新規追加をクリックして新しい発送元を追加します
  4. 保存をクリックします

現在の通常配送パターンで、近隣の購入者の配送所要日数を短縮できますか?

現在、イギリス国内における通常配送の配送パターンでは、イギリスは1つの地域とみなされます。新しく導入された機能により、イギリスは小さな地域に分割されます。たとえば、グレーターロンドン地域に拠点を置く販売パートナーは、同じ地域を拠点とする購入者に配送する場合、既存のデフォルトの配送所要日数である2~3日ではなく、1~2日に短縮された配送所要日数を選択できるようになりました。


地域別の配送所要日数の短縮機能を有効化した後に主な出荷元住所を変更した場合、配送パターンは更新されますか?

主な発送元を別の地域の新しい住所に変更すると、新しく設定した発送元住所に基づいて、配送パターンが自動的に更新されます。新しい倉庫の住所と同じ地域に住む購入者に、より早いお届け予定日を提示できます。

注: 主な発送元を変更する前に、購入者に表示されるお届け予定日への影響を避けるため、集荷スケジュールについてご利用の配送会社と合意していることを確認してください。

主な出荷元住所以外の地域において、配送所要日数は変更されますか?

他の地域の配送所要日数は変更されません。

地域別の配送所要日数の短縮機能を解除するにはどうすればよいですか?

通常配送パターンには、デフォルトで、より短い配送所要日数の配送ルールが適用されます。 配送ルールの配送所要日数を別の値に更新することで、いつでも解除できます。たとえば、推奨されているより短い配送所要日数ではなく、2~3営業日 などに変更できます。

一度解除しても、再度登録できますか?

はい。出品者は、配送ルールの配送所要日数を推奨されているより短い配送所要日数に更新することで、いつでも再度登録できます。

近隣の購入者に対して配送所要日数を短縮して設定した場合、出荷作業日数に影響はありますか?

配送パターンで設定した配送所要日数を短縮するオプションは、配送所要日数に基づくものであるため、出荷作業日数には影響しません。

注: 購入者へのお届け予定日は、出荷作業日数と配送所要日数の組み合わせで決まります。出荷作業日数を短縮することで、購入者により早いお届け予定日を提示することも可能です。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2022, Amazon.com, Inc. or its affiliates