新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国

化学製品の販売に関する情報 – REACHおよびCLP

化学製品の販売に関する情報 – REACHおよびCLP

REACH

REACHは化学製品およびその安全使用に関するヨーロッパの規制です。この規制は、化学物質の登録、評価、認可、制限に関するものです。REACH規制の下で、一般にメーカーや輸入業者は、製品に含まれる化学物質の性質に関する情報を収集することが求められます。情報によっては、登録、認可、制限または情報提供要件の対象になる場合があります。さらに、販売業者もREACHの制限および情報提供要件の対象になることがあります。

REACHを遵守することは出品者の責任です。この資料は情報提供のみを目的としています。法的なアドバイスを与えることを目的としたものではありません。商品に関する法規制について質問がある場合は、法律顧問に相談することをお勧めします。

概要

REACHは、EEA(欧州経済地域:EUのすべての加盟国、ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタイン)で製造または輸入されるすべての化学物質および混合物に適用されます。また、危険性または有害性がある特定の化学物質や混合物を含有する成形品にも適用されます。

認可(付属書XIV): 特に有害な化学物質は、特定の用途に限定して認可された場合を除き、EEAでは使用できません。該当する化学物質は、欧州化学機関(ECHA)のウェブサイト(以下の追加情報を参照)に掲載されているREACHの付属書XIV(認可対象物質リスト)に記載されています。

制限(付属書XVII): EEAでの製造の制限や禁止、市場での流通や使用を含め、特定の有害な化学物質の使用は制限されています。これには、物質としての使用や、混合物および成形品内に使用する場合の制限が含まれます。REACHの付属書XVIIに記載されている制限の一覧は、ECHAのウェブサイトで入手できます。

登録: 通常、メーカーと輸入業者は、一定のしきい値(年間1000kg)を超えて製造または輸入する物質については、登録する責任があります。登録を行うには、登録する物質の性質と用途に関する情報を収集する必要があります。

情報提供: メーカー、輸入業者、販売業者は特定の状況下で、危険な製品に関する情報をサプライチェーンの上流と下流に伝達する全般的な責任を負います。これには特定の有害物質と混合物に関する安全データシート(SDS)の提供が含まれます。

候補物質リスト(または高懸念物質リスト(SVHC))にある物質が重量の0.1%を超える濃度で含有される成形品については、商品の下流のユーザーにその存在を積極的に伝達する必要があります。伝達内容は、少なくともSVHCの個々の名称を含め、成形品の安全使用情報を伝えるものにする必要があります。成形品の受領者が最終消費者である場合、リクエストに応じて、この安全使用情報のみを提供する必要があります(45日以内に無償で提供)。

重要: REACH規制の対象商品に関する正確かつ完全な製品情報を提供することは、出品者の責任です。REACH規制の対象商品である場合、EEA内で販売可能な商品であることを確認したうえで、最新のSDSを提出してください。

業務用専用の化学製品

Amazonでは、業務用専用の化学製品を販売することは許可されていません。メーカー/SDS、または商品ラベルで、商品が業務用専用かどうか確認してください。Amazonフルフィルメントセンター(EC)で業務用専用の化学製品を受領した場合、Amazonは出品者の負担で補償なしに商品を処分することがあります。

REACH: 追加情報

以下のサイトで、REACHに関する詳しい情報をご覧いただくことを強くお勧めします。

CLP

出品者の商品には、REACHに加えて「物質及び混合物の分類、ラベル、包装に関する規制」(CLP規制)が適用されることがあります。CLP規制には、国連レベルで承認された有害化学物質に関する分類基準とラベルの貼付規則(化学品の分類と表示に関する世界調和システム(GHS)と呼ばれる)が組み込まれています。GHSラベルについては、こちらをご覧ください。

その他、特定のラベル貼付要件を遵守する必要があります。たとえば、仕入先の名前、住所、電話番号を記載したラベルを有害物質に貼り付けることも含まれます。

注: CLP規制を遵守することは、出品者の責任です。この資料は情報提供のみを目的としています。法的なアドバイスを与えることを目的としたものではありません。商品に関する法規制について質問がある場合は、法律顧問に相談することをお勧めします。

申請

CLP規制は、免除されない限り、EEA内の市場で輸入、製造され、流通するすべての物質と混合物に適用されます。CLP規制の対象となる商品の例として、塗料、洗剤、接着剤、スプレー塗料、殺虫剤などがあります。

以下の商品が完成品の状態である場合のみ、規制の特定の部分が免除されます。

  • 成形品(バッテリーなどの、ユーザーが直接触れることがない有害化学物質や混合物を含んでいる商品)
  • 食品および飼料
  • 化粧品
  • 医薬品(ヒトおよび動物用)

CLP規制の対象商品かどうかを判断するには、以下の手順を実行することをお勧めします。

  • メーカーに連絡し、商品がCLP規制の対象かどうかを確認します。
  • 安全データシート(SDS)(以前の名称:製品安全データシート(MSDS))または商品のラベルにCLPの分類が記入されているかどうかを確認します。商品のSDSがない場合、メーカーまたは仕入先から関連書類を入手できる必要があります。

Amazonフルフィルメントセンター(FC)で禁止されている化学製品

フルフィルメントセンターへの納品が禁止されている商品をAmazonに出荷することはできません。Amazonは、出品者の負担で補償なしに該当商品を処分することがあります。旧来の法律( 危険調剤指令や危険物質指令など)に従って分類、ラベル貼付、包装された商品は、Amazonフルフィルメントセンターでは受領できないためご注意ください。

以下のCLP危険有害性情報(H)または注意書き(P)のいずれかに該当する商品は、Amazonフルフィルメントセンターへの出荷が禁止されています。

EUH001 乾燥すると爆発する

EUH006 空気の有無にかかわらず爆発する

EUH014 水と激しく反応する

EUH018 使用中に可燃性/爆発性の混合空気を発生するおそれがある

EUH019 爆発性の過酸化物を生成するおそれがある

EUH029 水と触れると毒性のガスを発生する

EUH031 酸と触れると毒性のガスを発生する

EUH032 酸と触れると猛毒性のガスを発生する

EUH044 密閉状態で加熱すると爆発の危険がある

EUH059 オゾン層に対する有害性がある

H200 不安定爆発物

H201 爆発物(大量爆発の危険性)

H202 爆発物(激しい飛散の危険性)

H203 爆発物(火災、爆風または飛散の危険性)

H240 熱すると爆発のおそれがある

H241 熱すると火災や爆発のおそれがある

H250 空気に触れると自然発火する

H251 自己発熱(火災のおそれがある)

H252 大量で自己発熱(火災のおそれがある)

H260 水に触れると自然発火するおそれのある可燃性ガスを発生する

H261 水に触れると可燃性ガスを発生する

H300 飲み込むと生命に危険が及ぶ

H301 飲み込むと有毒である

H304 飲み込んで気道に入ると生命に危険が及ぶおそれがある

H310 皮膚に触れると生命に危険が及ぶ

H311 皮膚に触れると有毒である

H330 吸入すると生命に危険が及ぶ

H331 吸入すると有毒である

H340 遺伝性疾患を引き起こすおそれがある

H341 遺伝性疾患を引き起こす疑いがある

H350 発がん性のおそれがある

H351 発がん性の疑いがある

H360 生殖能力または胎児に悪影響が生じるおそれがある

H361 生殖能力または胎児に悪影響が生じる疑いがある

H362 授乳中の子に害を及ぼすおそれがある

H370 臓器に障害を引き起こす

H371 臓器に障害を引き起こすおそれがある

H372 長期間または繰り返しさらされると臓器に障害を引き起こす

H373 長期間または繰り返しさらされると臓器に障害を引き起こすおそれがある

P222 空気に接触させないこと

P223 激しい反応と発火の可能性があるため、水に近づけないこと

P230 (メーカーが指定する物質で)湿らせておくこと

P231 不活性ガスで取り扱うこと

P406 耐久性内張りのある耐腐食性容器(メーカーが指定する)に保管すること

P407 積荷/パレットの間に隙間をあけること

特別な包装規則

該当するすべての商品について、触覚的な危険警告子どもの誤用防止留め具に関するCLP規制の特別な包装規則を遵守することは、出品者の責任です。化学物質や混合物に関する子どもの誤用防止留め具や触覚的な危険警告を必要とするさまざまな危険性についての概要は、ECHAが以下のページで提供しています(https://echa.europa.eu/regulations/clp/labelling/specific-labelling-and-packaging-situations)。

CLP商品ラベルの貼付

CLP規制対象商品に適切にラベルが貼付されていること(関連する危険有害性情報(H)、注意書き(P)、ラベルなど)、またそれらの商品情報がすべて、出品者が商品を出品または供給する加盟国の公用語でラベルに記載されていることを確認することは、出品者の責任です。

商品の出品

CLP規制で義務づけられた警告表示を含め、正確かつ完全な商品情報を提出することは出品者の責任です。商品に適用される警告を出品情報に追加するには、次の手順に従う必要があります。

  • 「物質及び混合物の分類、ラベル、包装」に関するEC No.1272/2008に基づいたCLP規制(または単にCLP)が商品に適用されるかどうかを判断します。これは、メーカーに問い合わせるか、商品ラベルを確認することで判断できます。
  • CLP規制の対象となる商品を出品する場合、Amazonで販売可能な商品であることを確認したうえで、新規商品を設定する際にAmazonへ最新のSDSを提出してください。
  • また、該当するすべての警告が明瞭に表示されている高品質な商品画像を提出してください。

CLP: 追加情報

以下のサイトで、CLPに関する詳しい情報をご覧いただくことを強くお勧めします。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2022, Amazon.com, Inc. or its affiliates