新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国

拡大生産者責任(EPR)に関する教育

フランスとドイツの出品者にはどのような影響がありますか?

2022年以降、Amazonには、フランスまたはドイツで出品する出品者が出品国で拡大生産者責任(EPR)に準拠していることを確認する義務があります。そのため、AmazonはEPR登録番号を収集し、検証します。

Amazonは、ドイツについては2021年末までに、またフランスについては2022年1月中にEPR登録番号をアップロードするためのリンクを公開します。

出品者がEPRに準拠していることをAmazonに証明できない場合、Amazonは以下の対応をする可能性があります。

ドイツ:

Amazonには、EPR商品カテゴリーで基準を満たしていない出品を一時停止する義務があります。

  • 梱包 – すべての出品商品(2022年7月1日以降)
  • 電気電子機器(EEE)– EEEに該当するすべての出品(2023年1月1日以降)

フランス:

Amazonは、EPR登録番号が記載されていないEPR商品カテゴリーについて、Amazonが選択した認定生産者責任機関に対し、出品者に代わってリサイクル分担金を支払う必要があります。EPR登録番号が提供されない場合、出品者がフランスでEPR対象商品をAmazon.frから販売すると、リサイクル分担金が出品者に代わって支払われ、その金額が出品者に請求されます。

拡大生産者責任(EPR)とは何ですか?

拡大生産者責任(EPR)は、国内でEPR要件の対象となる商品を最初に出品する当事者(EPRの「生産者」とも呼ばれる)が、市場に導入する商品の設計から使用終了までの全ライフサイクル(廃棄物の回収および処理を含む)について責任を負うようにする環境ポリシーです。EPRの規制では、責任主体は商品のライフサイクル全体を通して、商品の環境への影響を軽減する必要があります。

私は生産者ですか?

生産者(Producer)はメーカーと同等ではないことに注意してください。生産者とは、国(フランスまたはドイツ)でEPR要件の対象となる商品(EPR商品カテゴリーについては以下で詳述)を最初に出品する当事者です。以下のいずれかに該当する出品者は「生産者」と見なすことができます。

  • EPR要件の対象となる商品を当該国で製造している、および/または
  • EPR要件の対象となる商品を当該国に輸入している、および/または
  • EPR要件の対象となる商品を当該国で販売しているが、その国で設立された組織ではない

梱包要件については、以下の国別情報セクションをご覧ください。

どうすればよいですか?

出品者がEPR要件の対象範囲の商品の生産者である場合、出品者はEPR登録番号をAmazonに提出する義務があります。AmazonにEPR登録番号を提供する必要があるフランスとドイツのEPR要件対象商品のカテゴリーについては、以下をご覧ください。Amazonは、ドイツについては2021年末までに、またフランスについては2022年1月中にEPR登録番号をアップロードするためのリンクを公開します。梱包要件については、以下の国別情報セクションをご覧ください。

生産者であるがEPR登録番号を持っていない場合は、EPR登録をして番号を取得する必要があります。各EPR商品カテゴリーの生産者責任組織(PRO)に連絡して、EPR登録番号を取得してください。登録方法について詳しくは、以下の各国のセクションをご覧ください。Amazonは、ドイツについては2021年末までに、またフランスについては2022年1月中にEPR登録番号をアップロードするためのリンクを公開します。

生産者ではないがEPR要件の対象となる製品を販売している場合は、該当するEPR登録番号を仕入れ先から入手し、そのEPR登録番号を当該製品がEPRに準拠していることの証明としてAmazonに提供する必要があります。Amazonは、ドイツについては2021年末までに、またフランスについては2022年1月中にEPR登録番号をアップロードするためのリンクを公開します。

生産者ではなく、該当するEPR登録番号の情報を仕入れ先から入手できない場合は、出品者自身がEPR登録をして、EPR登録番号を提供する必要があります。Amazonは、ドイツについては2021年末までに、またフランスについては2022年1月中にEPR登録番号をアップロードするためのリンクを公開します。

EPR商品カテゴリーとは何ですか?

[フランスおよびドイツの]EPR義務の対象であり、AmazonにEPR登録番号を提供する必要がある商品のカテゴリーは以下のとおりです。

EPRカテゴリー フランス ドイツ
1 梱包 * *
2 電気・電子機器(EEE) * *
3 電池1 * *
4 家具 *

5 タイヤ *

6 紙類 *

7 繊維製品 *

8 化学物質 *
9 セルフピアッシング用医療ピアッシング器具類 *

1 ドイツでの電池に関する義務: 電池を含む電気・電子機器(EEE)商品を出品する場合は、電気・電子機器(EEE)と電池の両方について登録する必要があります。

EPRに準拠するとは、どういう意味ですか?

生産者である場合、または仕入れ先から該当するEPR登録番号を入手できないために登録する必要がある場合は、EPR準拠のために必要な手順に関する以下の説明に従ってください。

ステップ1: 登録

  • 登録は、EPRの要件に準拠していることを証明するために必要なEPR登録番号を取得する1回限りのプロセスです。

    EPR登録番号を受け取ったら、EPR準拠を証明するものとしてAmazonに提供する必要があります。Amazonは、ドイツについては2021年末までに、またフランスについては2022年1月中にEPR登録番号をアップロードするためのリンクを公開します。

ステップ2: 申告および報告

  • 該当する報告期間中に、[EPRカテゴリー別の対象商品の]販売実績をそれぞれの生産者責任組織に申告する必要があります。

ステップ3: 支払い

  • 出品者は、適切な生産者責任組織にリサイクル分担金を支払う必要があります。リサイクル分担金は、EPRの商品カテゴリーとデバイスタイプ(冷蔵庫、ベビー服、チェアなど)、商品項目(梱包材、家具の素材など)、販売された商品の数や重量に応じて生産者責任組織が決定します。

国別の情報

ドイツ

ドイツにおける準拠証明

ドイツでは、EPR登録番号がEPRに準拠していることの証明となります。この番号を取得するには、適切なEPRレジストリに登録する必要があります(下表を参照)。EPR登録番号を受け取ったら、EPR準拠を証明するものとしてAmazonに提供する必要があります。Amazonは、2021年末までにEPR登録番号をアップロードするためのリンクを公開します。

2022年7月1日以降、ドイツの改正梱包法に基づき、出品者は商品の出荷に使用するFBA梱包の生産者と見なされます(該当する場合)。

EPRのカテゴリーと執行機関については、下表をご覧ください。

# EPRカテゴリー 説明 実施機関
1 梱包1 すべての梱包タイプ https://lucid.verpackungsregister.org/
2 電気・電子機器(EEE) 温度交換器 https://www.ear-system.de/ear-portal/#no-back
3 スクリーン、モニター、および画面が100cm2を超える機器
4 ランプ
5 外装寸法が50cmを超える機器(大型機器)
6 外装寸法が50cmを超えない機器(小型機器)
7 外装寸法が50cmを超えない小型IT機器・通信機器
8 電池2 カー&バイク用電池、産業用電池、ポータブル電池

1梱包: ドイツでは、出品者が一次梱包と二次梱包の責任を負います。フルフィルメントサービスプロバイダーによって二次梱包が提供される場合、2022年6月30日まではプロバイダーが二次梱包の責任を負います。2022年7月1日以降は、出品者が一次梱包と二次梱包の責任を負います。これは、フルフィルメント by Amazonやその他のフルフィルメントサービスプロバイダーに適用されます。

2電池に関する義務: ドイツで電池を含む電気・電子機器(EEE)商品を出品する場合は、電気・電子機器(EEE)と電池の両方について登録する必要があります。この段階では、電気・電子機器(EEE)の登録番号のみが必要になります。

以下の登録番号は、EPR準拠を証明するものです。

  • 梱包: Registrierungsnummer
  • EEE: WEEE-Reg.-Nr.DE
  • 電池: Batt-Reg.-Nr.DE2

フランス

フランスにおける準拠証明

フランスでは、出品者の法令遵守を証明するために、出品者は自らの固有識別番号(UIN)をAmazonに提出する必要があります。UINを取得するには、カタログに応じて、適切な生産者責任組織(下表を参照)に登録する必要があります。UINは、2022年1月以降はすべての登録済み出品者について自動的に作成され、生産者責任組織のポータルから入手できるようになります。出品者は、このUINをセラーセントラルからAmazonに提供する必要があります。フランスの場合、Amazonは2022年1月中にEPR登録番号をアップロードするためのリンクを共有します。

EPRのカテゴリーと生産者責任組織については、以下の表をご覧ください。

# EPRカテゴリー フランスの該当商品の説明 生産者責任組織(PRO)
1 電気・電子機器(EEE) 電気・電子機器関連の廃棄物 家庭用品、ランプ、消火器、業務用電子製品

https://www.ecosystem.eco

https://www.ecologic-france.com

https://www.soren.eco/(ソーラーパネルのみ)

2 電池 使用済みの電池および蓄電池 ポータブル電池、カー&バイク用電池、産業用電池

https://www.corepile.fr/

https://www.screlec.fr/

3 梱包1 家庭向け梱包からの廃棄物 商品の箱および梱包(例:おもちゃを入れる箱)、輸送箱、配送ラベル、テープなど。

https://www.citeo.com

https://www.leko-organisme.fr

4 印刷用紙 グラフィックペーパーの廃棄物 ユーザーマニュアル、壁紙、ギフト券、折り込み広告などの印刷物 https://www.citeo.com
5 家具 家具備品関連の廃棄物 家庭用および業務用家具

https://www.eco-mobilier.fr

https://www.valdelia.org

6 繊維製品 繊維製品、家庭用リネン、シューズなど 衣料品、家庭用リネン、シューズ https://refashion.fr/pro/fr
7 タイヤ タイヤの廃棄物 カー&バイク用タイヤ、農機用タイヤ、重量タイヤ

http://www.gie-frp.com

https://aliapur.fr

8 化学物質 家庭で発生する化学廃棄物 接着剤、塗料、自動車ワックス、アセトン、ワセリン、マスチック https://www.ecodds.com/
9 セルフピアッシング用医療ピアッシング器具類 セルフピアッシングで使用するピアッシング器具類から発生する廃棄物 針、マイクロパフュージョン、カテーテル、引込式ニードル付きペン https://www.dastri.fr/

1. 梱包関連の義務: フランスでは、出品者の一次梱包および出品者が追加した二次梱包については、出品者が責任を負います。

フランスにおける出品者向けEPR要件のポリシー

出品者がフランスで1つまたは複数のEPR商品カテゴリーに属する商品をamazon.frから販売しているものの、当該のEPR商品カテゴリーに対応する有効なUINをAmazonに提供していない場合、Amazonは、出品者に代わってフランスでamazon.frから販売された商品の数量を報告し、対応するリサイクル分担金を支払うことで、出品者が販売を継続できるようにします。

よくある質問 - 全般

現在すでにEPR義務の履行を始めています。Amazonに知らせる必要がありますか?

はい。すべてのEPR対象商品についてEPR登録が済んでいる場合は、AmazonにEPR登録番号を提供する必要があります。2021年第4四半期中に、AmazonはEPR登録番号をアップロードするためのリンクを公開します。

私はセルフシッピングの出品者です。これは私に当てはまりますか?

はい。Amazonでは、フルフィルメント by Amazon(FBA)かセルフシッピングかに関わらず、すべての出品者がEPRに準拠していることを確認する必要があります。

影響を受けるのは、いつですか?

フランスまたはドイツで商品を出品する前に、生産者はEPR登録プロセスが完了し、該当するすべてのEPR商品カテゴリーのEPR登録番号を受け取っていることを確認する必要があります。

国ごとに、およびEPR商品カテゴリーごとに登録する必要がありますか?

はい。国ごと、およびamazon.deとamazon.frで提供されるEPR製品カテゴリーごとに、異なる登録要件、プロセス、および認定機関があります。

どれくらいの頻度で、販売実績を報告し、EPR分担金を支払う必要がありますか?

EPR分担金の申告と支払いは、各国のEPRカテゴリー/生産者責任組織に応じて、月次、四半期ごとまたは年次で行われます。

AmazonはEPR報告に関するサポートを提供していますか?

Amazonは現在、フランスとドイツのEPR商品カテゴリーの報告書式をダウンロードできるレポートツールを開発中です。これらの報告に含まれる情報は、異なるEPRカテゴリーの商品の販売実績を申告するために使用できます。

一次(商品梱包)と二次(配送梱包)の両方の梱包について支払う必要がありますか?

一次梱包(商品の梱包)- はい。フルフィルメント by Amazon(FBA)の出品者もセルフシッピングの出品者も一次梱包については分担金を支払う必要があります。

二次梱包(配送梱包)- 詳しくは、国別のセクションをご覧ください。

一次梱包とは、商品を包む際に使用される梱包単位です。たとえば、ブランドを表示した靴の箱、清涼飲料が入っているアルミ缶などです。二次梱包とは、購入者への配送中に商品を保護するために使われる輸送箱/バッグのことです。二次梱包は、商品を保護するための詰め物やパッケージを固定するためのテープにまで拡大できます。配送ラベルも二次梱包の一部です。

費用はどのくらいですか?

EPR登録: 登録料は、異なる生産者責任組織に支払う必要があります。金額の範囲は0~250ユーロ以上と想定されます。

リサイクル分担金: リサイクル分担金は、国ごとに異なる売り上げとEPR商品カテゴリーに基づいて計算されます。各生産者責任組織は、契約上の合意に基づいて独自の価格表を保持しています。

カテゴリーごとにいくつのEPR登録番号を提供する必要がありますか?

各出品者は、EPR商品カテゴリーごとに1つのEPR登録番号を提供する必要があります。

ドイツのWEEEのみ:各出品者は、そのカテゴリー内で販売する複数のブランド/デバイスタイプについて登録し、情報を提供する必要があります。

DE WEEEの場合、どのような情報をAmazonに提供する必要がありますか?

各出品者は、取得したDE WEEE EPR番号を提供する必要があります。この番号には、複数のブランド/デバイスタイプの登録が含まれます。

海外の出品者は、ドイツのマーケットプレイスに出品するすべての商品を登録する必要があります。

国内の出品者は、仕入れ先がドイツを拠点としており、それらのブランド/デバイスタイプについてすでに登録済みである場合、その仕入れ先の登録番号を提供することができます。

Amazonに登録番号を提出した後はどうなりますか?

Amazonはこの番号の有効性の検証を適切な政府機関に依頼します。検証結果が得られたら出品者に通知します。

フランスとドイツでの登録にはどのような違いがありますか?

フランスでは、適切なEPR商品カテゴリーの生産者責任機関にのみ登録する必要があります。ドイツの場合はさらに、該当する執行機関(ZSVR、EAR)にも登録する必要があります。

フランスのEPRに関する詳細情報はどこで確認できますか?

EPR手数料の報告、頻度、支払いなどの詳細については、生産者責任機関のウェブサイトおよび以下のサイトをご覧になることをお勧めします。

ドイツのEPRに関する詳細情報はどこで確認できますか?

詳細については、関連する法律(ElektroGおよびVerPackG)の内容を確認するとともに、生産者責任組織のウェブサイトおよび以下のサイトを参照することをお勧めします。

よくある質問 - フランス

フランス国内の住所を配送先として、購入者にEPR対象商品をamazon.frで販売しているにもかかわらず、有効な固有識別番号をAmazonに提供していない場合、Amazonは出品者に代わってどのような対応をしますか?

出品者がフランス国内の住所を配送先として、購入者にEPR対象商品をamazon.frで販売しているにもかかわらず、そのEPR対象商品に対応する有効な固有識別番号をAmazonに提供しない場合、Amazonは出品者に代わりデフォルトで以下の対応をします。

  • 申告書を出品者に代わって準備します。これには、Amazonが選択した認定生産者責任組織が要求する詳細情報、たとえばEPRが適用される販売の数量(商品の点数または重量)が含まれます。なお、デバイスのタイプ(冷蔵庫、ベビー服、チェアなど)および商品属性(梱包材、家具の素材など)は必須情報です。報告書を作成するために、Amazonは出品情報に含まれている当該情報を使用します。そのような情報がない場合は、デフォルト値を使用します。
  • 報告サイクルの終了時に、該当する各EPR商品カテゴリーの報告を提出します(EPR対象商品のカテゴリーに応じて、四半期ごと、半年1回、または年1回提出)。
  • 生産者責任組織の価格表および数量(商品の点数または重量)に従って、該当する環境リサイクル分担金を出品者に代わって支払います。
  • 支払った金額を出品者から回収します。

Amazonは、選択した認定生産者責任機関に、出品者に代わってリサイクル分担金を支払うのはいつですか?

Amazonは、選択した認定生産者責任組織が決定した各EPR商品カテゴリーについて、四半期ごと、半年ごと、または年次の報告を行います。つまり、四半期ごとの報告の場合は各四半期末に、半期報告は各半期末に、年次報告は各年末に、Amazonは出品者に代わってこれらの生産者責任組織にリサイクル分担金を支払います。

Amazonは出品者に代わって支払ったリサイクル分担金を回収しますか?

はい。Amazonは、EPR商品カテゴリーに従って各報告サイクルの終了時に出品者に代わって支払ったリサイクル分担金を出品者から回収します。リサイクル分担金は、認定生産者責任組織の価格表と、EPRが適用される販売の数量(商品の点数または重量)によって異なります。チャージバックプロセスの詳細については、後日Amazonからお知らせします。

Amazonは出品者のUINを受け取った後でも、出品者に代わってリサイクル分担金を支払うことはありますか?

いいえ。Amazonが、選択した認定生産者責任組織に対し、出品者に代わってリサイクル分担金を支払うのは、EPRが適用される商品カテゴリーのための有効なUINを出品者が保有していない報告サイクルについてのみです。したがって、UINを受け取って以降は、当該報告サークル(EPR商品カテゴリーにつき四半期ごと、半年ごと、または年ごと)で、リサイクル分担金を出品者に代わって支払うことは中止します。その後は、出品者が自ら選択した生産者責任組織に対して、環境リサイクル分担金を支払うことになります。

UINを取得するために生産者責任組織に登録しましたが、まだ受け取っていません。どうすればよいですか?

生産者責任組織のポータルでご自身のUINについて確認してください。UINを受け取ったら、すぐにAmazonに提出してください。Amazonは、EPRが適用される商品カテゴリーのための有効なUINを出品者が保有していない報告サイクルについて、選択した認定生産者責任組織に対し、出品者に代わってリサイクル分担金を支払います。

Amazonは、Amazon以外での販売についても、出品者に代わってリサイクル分担金を支払うのですか?

いいえ。Amazonは、amazon.frでのEPR対象の販売についてのみ、出品者に代わってリサイクル分担金を支払います。

Amazon.frを通じてフランスから出荷されたEPR対象の販売について、Amazonは出品者に代わってリサイクル分担金を支払う必要がありますか?

いいえ。Amazon.frを通じてフランスから出荷されたEPR対象の販売については、Amazonが出品者に代わってリサイクル分担金を支払う必要はありません。Amazonがリサイクル分担金を支払うのは、フランス国内の住所を配送先として、購入者にamazon.frで販売されたEPR対象商品についてのみです。配送先としては、フランスの海外領土も含まれます。

生産者責任組織への登録は必須ですか?

Amazonとしては、出品者に代わってリサイクル分担金を支払い、その金額を出品者から回収することはできますが、すべての出品者に対してEPRに準拠することをお勧めします。つまり、出品者ご自身が登録、申告、報告、およびリサイクル分担金の支払いを行うことをお勧めします。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates